FX初心者日記since 2007/12/31          FXページトップ      coracoraHOME

2008年4月〜5月のFX日記  (3月までのFX日記はこちら)

08/5/31時点FX損失概算   先週比 所有ポジ 備考
FXTS(FXブロードネット)
他業者
(total) -951,000 ノーポジ
 
(参考)デモ口座 (+280,000)

FX日記 08/5/31(土)
FXTSついにスプレッド0.5銭に!

私のメイン口座『FXブロードネット』から正式にスプレッドの変更の発表がありました。
常時0.5銭というわけではありませんがコスト面では最強業者ではないでしょうか?
1000通貨単位でも取引できるし、信託保全もありです。



FX日記 08/5/24(土)
ついに倍ナンピン勝利す

デモ口座だが、AUDNZDを1.17付近から0.1ずつ上がる毎に倍ナンピンでショートし続けていたが、
今週ついに救われた。どうして今日ナイアガラがあったのかは知らないけど、長かった〜。1枚、1枚、2枚、4枚、8枚、16枚、最終的には32枚ポジって計64枚となりレバ20倍以上の戦いとなり、1.26付近でロスカットという危機であった。でもナンピンは怖いね、今回は救われたけどいつ何が起こるかわからないものね。AUDNZDはとりあえずスプレッドは広いけど、これでまだ安全な通貨だと証明されたかな?当分はこんな長期に渡る上昇はないとは思うけど。


FX日記 08/5/17(土)

FXTS(FXブロードネット)のスプレッドがなんと0.5銭に!

ここ一週間くらい『FXブロードネット』のドル円、ユロドルのスプレッドが0.5銭になることが多くて
なんだかすごいことになっている(取引概要には0.9銭〜と書いてある)。
公式発表はないもののこれはすごい!
誇大広告で「スプレッド1銭!」とかいいつつ実際は2〜3銭がほとんどっていう業者もあるが、
これはその逆で不言実行とも言うべきかとにかくよくやってくれたと言いたい。


倍ナンピンの恐ろしさ

これはデモ口座です。AUDNZDを1.17あたりから倍ナンピンでショートしているのだがこのざまだ。
実は一回救われるチャンスがあったのだが、決済の指値を変更しておらず、失敗に終わっていたのだ。
もう1+1+2+4+8+16+32枚=64枚もショートしている。レバレッジにしたら20倍くらいにはなっているはず。
次1.2443まで上がったらさらに64枚追加でショートすることになっているが、おそらくそこが最後のナンピンになるのではないかと思う。


FX日記 08/5/15(水)
むむむ
サイバーエージェントFXがドル円以外の通貨のスプレッド変更についに動いた。
ん〜。6月何日だったか忘れたが。
こりゃ大合戦だ。ここのスプレッドは24時間比較的安定しているので魅力的だこの発表は。
が、しかしアフィを却下されたのはマイナスイメージ。
        ●ユーロ/米ドル ―― 4 → 2
    ●ユーロ/円 ―――― 4 → 3
    ●豪ドル/円 ―――― 5 → 4
    ●ポンド/円 ―――― 8 → 6
    ●NZドル/円 ―――― 8 → 6
    ●カナダドル/円 ―― 8 → 6
    ●スイスフラン/円 ― 8 → 6
    ●ポンド/米ドル ―― 6 → 4

ODL信託保全
ところでODLが信託保全されたようだ。日興シティ信託銀行だ。
今まで口座開いたはいいが信託保全なかったというのもあって、お金入れるの躊躇していたけど、これなら大丈夫そうかもね。


FX日記 08/5/10(土)
まだまだ止まらぬAUD/NZD
1.1350付近で底をつけて、現在1.2274(900pips以上)まで上がっている。
一体なんなの?ナイアガラ来さないよ。でもいいのだ。このままここ10年で最高の1.35付近まで
上がったとしても1万5000円の損失だ(ただしナンピンしなかった場合のみ)
『デモ口座』のAUDNZDは倍ナンピンしつづけて含み損が大変なことになっている。
新たに16枚ポジって32枚ものポジだわさ。途中で150pipsくらい戻した時があって
指値決済すれば救われてたんだけどしてなかったんだよね。

FX日記 08/5/8(木)
いつまで上がり続けるのか

AUD/NZD 今日指値引っかかったけどあっという間に含み損→拡大中だもんね。
一体どこまで上昇するつもりなのだろう。
この他CHF/JPYが98.5で指値引っかかりトレード開始。
昨日のGBPUSDは50pipで利確。

サイバーエージェントFX
アフィリエイトの審査で落とされた。もう全額出金しちゃおかな。

FX日記 08/5/7(水)
アフィリエイトとか
申込んでみた。自動的に登録される業者もあれば審査が必要な業者もあって、審査が必要なところはことごとく落とされた・・・・。何が原因か分からない。
でもFXTSだけは通った。FXTSだけ通って他が落ちた原因は、「FXTS最高!」と書いて排他的なのが気にいらなかったのか?それとも、「ナンピンだけで勝つ」「勉強もせず勘だけで取引」「いきなり-96万の損失」等、教育上?よろしくない、ふさわしくない等の判断があったのか。コメント欄がなかったり内容が稚拙・希薄だったからか。よくわからないけどまたいろいろ他のアフィリエイトに申込んでみようと思ってます。
私、fc2でFXブログ書きはじめました。そのうちURL公開します。にほんブログ村に登録してます。

GBP/USD
いくつか指値していた通貨のうち1.955Lで指値が引っかかった。プラススワップだし、ボラも高くないから安心、安心。ただ天井(1.986辺り)からあまり下がってない位置でのエントリーなのでナンピンは慎重に。


FXTSのトレード記録

全て0.1枚での取引しかも利幅ピピも少なく、全てしょぼい決済。でもこれが今の私にはふさわしいと思う。
会社でもレートが全く気にならなくなった。会社の中でのストレスはMAX寸前だが・・・。為替に振り回される人生ってのもなんかいやだもんね。


FX日記 08/5/4(日)
ドルの上昇が止まらない
なんだか知らないがまたドルが急騰して105円の中盤まで進んでいる。
ドル円をSしてナンピンすれば勝てるとは思うのだが、今他通貨でも
ドル売りしている状況なので下手したら総崩れになるのが怖い。
1.545でLしたユロドルが徐々に含み損、
といっても今FXTSで0.1枚〜のトレードしかもプラススワップだから安心。
ここ最近はFXTSで0.1枚トレードばかり。1月は平気で10枚でバンバントレードしてたのにね。
でもその方が仕事中もレートや損益も気にならないし、
その分他の事ができる時間が増えるから、いいのだ。
1枚、10枚でやるなら夜間のみのトレードにして、朝までには決済するべきなのだ。

AUD>>>>>CHF
現在の最強通貨はAUD、最弱通貨はCHFな気がする。下のAUD/CHFの日足チャート見ればこれからSでナンピンすれば勝てる気がするのだが、やはりマイナススワップ(1日166円)がネック。0.99Sで指値していたのだが刺さる直前になってちょっと怖くなって1.0Sに修正した。底からすでに600pipも上げているのだから大丈夫だとは思うんだけど、とりあえず他をあたるか1.0まで待つわ。ナイアガラが起きたらもう超絶なのだが。


08/4/27時点FX損失概算   先週比 所有ポジ 備考
サイバーエージェントFX ‐796,000
ヒロセ通商 FX2 ‐7,000
kakaku ‐160,000
MJ +5,000
外為オンライン
FXTS(FXトレーディングシステムズ) +500 +500
(total) -958,000
 
(参考)デモ口座 (+190,000) (+40,000) 羊キウイS
ナンピン中
ユロ円S スイス円S ドル円S
ポン円S ユロポンS などで勝ち

FX日記 08/4/27(日)
ユロ円ショートしておけばよかった・・・
やっぱりユロ円下げていったよ(4/21始値164.30→4/25終値163.16)
4/21のEUR/JPYの日足チャート見るといくらなんでも上げ過ぎなんだよな〜って思うもん。
もう一段上げて165円超えた辺りでSしようかと思ってたが結局届かず下げて行ってしまったなぁ。残念。
しかし、ユロ円の過去のチャートを辿ってみると、上り調子の相場でも定期的?にナイアガラが起きていることがわかる。あまりいやらしい動き(ジリジリと長期にわたって上昇とか)はせず比較的素直に上げ下げをくり返しているのだ。だから上がり過ぎたと思った時にユロ円をショートしておけば1円巾の倍ナンピンで負けることはなかったのでは?と思った(2005年以降のチャートのみ検証)。ただ、マイナススワップがなぁ。でもスイスやドルみたいに1ヶ月も3ヶ月もジリジリ上昇し続けるなんてことはあまりなく短期のうちにナイアガラ起こしてくれるみたいなので長期保有によるマイナススワポのリスクは低いかもしれない。

金持ちに有利なFX・・・

(12/31→3/26) 含み損 スワップ(概算) TOTAL
米ドル/円×1 112.26→104.42 -78,400 12,000 -66,400
ポンド/円×1  224.07→207.26 -168,100 31,200 -136,900
NZドル/円×1 87.06→81.60 -54,400 21,600 -32,800
ランド/円×100 16.53→13.68 -2,850,000 480,000 -2,370,000
TOTAL -3,150,900 544,800 -2,606,100

上の表はFXを始めた昨年12/31にポジったものを仮にそのままずっと寝かせていたらどうなっていたかを表したものです。(あくまで概算です)
うーん、こうして見るとランドのマイナスがあまりにも大きすぎたな。
ランドは一時は11円台まで下がったわけでとなると一時的に(3月17日辺りに)損失が500万円を超えていた時があったのではないかと思われる。もちろんそんなに資金は持っていないので途中でロスカットとなってGAMEOVERとなっていたわけだ。しかし、この先為替がどうなるか全くわからないが、仮に資金に余裕があって3月17日の暴落も乗り切っていた場合、今後全てのレートが昨年12/31の状態に戻ったら、スワポ分がそのまま利益として懐に入ってくるのだ。その意味で資金に余裕を持たせるということの意義は大きい。資産が億もある金持ちであればこんな500万の含み損など大したことなく、余裕でゲームを続行できたのだろう。金持ちが有利な構図がこんなところにも出てきているとは。なんか悔しい。

FXTS(FXトレーディングシステムズ・FXブロードネット)最高!
この会社いっぱい呼び名があってどれが正式名称なのかよくわからないが
簡単にFXTSと呼んでおこう。
ここで口座開設したのはスプ狭(ドル円0.9銭〜)もさることながら、気軽に0.1枚単位でトレードできるからなのだ。他にも0.1枚OKな業者もあるが、どこも手数料を高めに設定するなどでどうも手を出しにくかったのだが、ここだけは手数料無料でトレードができるのだ。
でさっそくヒロセ通商にあった残りの資金を引き上げ、FXTSへ移行。
EUR/USDで2・3回トレードしてみた。
含み損が増えていっても-31円→-67円→-84円みたいに
じゃり銭感覚なので心理的な負担が全然少なくて済むのだ。
逆に勝ってもたいした益にはならない(100pips取っても1000円)から
ほんとにちょっとしたおこづかい程度の感覚だが、でもこの気軽さがなんか好きだ。
ハラハラすることなく気楽にトレードできる。
仕事中も、就寝中も気にならない。他のことに気を向けることができる。
これだけでも十分価値のあることではないだろうか?
ある意味最強の業者ではないかと思う。
また、デモトレードするならば、ここで実際にお金をちょこちょこ動かして練習した方が
やり甲斐もでるし、いいのではないだろうか?

魅力ある業者が次々と
FXTSのほかにもODL(スプ狭、スプ固定?)にも口座申請を通した。
と思ったら他にも続々出てくる魅力的な業者が。、
サザインベストメントがドル円スプ1〜スイ円スプ2〜など諸通貨で極狭スプを発表。しかも「これ以上は開きません」という最大スプレッドも公表している親切さ。ここは非常に通貨ペアが豊富で魅力的だ。初回の入金が30万円以上で出金にも手数料をとられ、不活動口座手数料もとられるという敷居の高さがネックだがそれをクリアできれば口座開く価値は十分ある。少し気がかりなのが、自己資本規制比率。信託保全しているので大丈夫だと思うが。
それからクリック証券(GMO系)もドル円スプ1〜&「完全信託」を発表。通貨ペアもクロス円以外もいくつか追加されており全般的にスプレッド狭めで魅力的な業者だ。


08/4/21時点FX損失概算   先週比 所有ポジ 備考
サイバーエージェントFX ‐796,000
ヒロセ通商 FX2 ‐8,000
kakaku ‐170,000
MJ +5,000
外為オンライン
FXTS(FXトレーディングシステムズ)
(total) -969,000
 
(参考)デモ口座 (+150,000) (+12,000) いろいろ

FX日記 08/4/21(月)
ユロ円をショートする絶好のチャンスだが・・・
これは今現在のユロ円の日足チャートだが、
これはどう見てもSして失敗してもナンピンすれば勝てそうな気がする。
しかし、エントリーを阻むもの、それがマイナススワップ。
マイナススワップが怖くてSできない。しかもスワップの高いユーロだから余計に悩むところ。
デモでSナンピンしているがわずか数日で早くも-2000円以上のスワップ損になっているのだ。
基本的に1万円の利確を目指しているのでこれではあっという間に-1万円以上損してしまう。
これでは困る。過去チャートを見るとユーロ円は上昇中においても定期的?にナイアガラが来るみたいだがそのスワップ損を取り返すためにその分下に利確リミットを置くとギリギリ届かなくなる危険が増すのだ。かといって今プラススワップ通貨で下降中のものはほとんど見当たらない。AUD/NZD(NZDが下降中)くらいか。これももうちょっとパピコンと下降してくれないと先週の失敗を繰り返す可能性があるからなぁ。
 



FX日記 08/4/18(金) 
AUD/NZD損切り
AUD/NZDを1.1820で50pip損切りしてしまった。あ〜あ。
前回50pip利確しているので今回は50pipの損切りすればトントンでいいか、ということで損切りしてしまいました。GAME OVER。
正確には今回の50pipの方が円安になってるのでスワップと相殺しても数円損している形となっている。まあ数円くらいはいいけど。
そもそも指値した位置が中途半端で納得行ってないポジだったし
それでずっとホールドし続けるのもなんかくやしいなってのもあったし。これでいいのだ。

米ドル急上昇
今日はなんでか知らないけど米ドルがパピコーンと急上昇。
「デモ口座」では103.42でSし、さらに104.42でナンピンしたが、それがセオリー。
リアル口座では105円で逆張りで待っていたが、刺さるわけねーっつーの。
始値が102.46で、そもそも始値から2円以上上がること自体めったにないこと。
ここは104.46辺りで普通にSしておけばよかったのに。それでも上がったまま
ならそこからナンピンでしょうに。米ドルならまたすぐ下がるでしょうに。


FX日記 08/4/17(木) 情けない
1.177でSしたAUD/NZDの上昇が止まらない。倍倍ナンピンも自信がないのでそのまま放置、
まだまだ上昇しそうな勢いだから気持ちは損切りなのだが、損切りしたらしたで戻して行ってしまうような気がしてならない。他の通貨ペアはかなり遠くで逆張りしていたのだがこのAUDNZDだけは、底の1.135辺りから300pip以上もすでに上昇しているし、ボラが低くて一番安心できそうだから、逆行っても全然平気、ということで適当なところで指値を置いていたのだ。いざ約定してこんな逆に行ってしまうと後の祭りだがやっぱり後悔してしまう。軽い気持ちで中途半端な場所で逆張り。これが一番の敗因だと思う。だが昨日も書いたけど最高値の1.36まで行ったとしても1枚のままであれば20万の損で抑えられると思えばなんとか気持ちを落ち着かせられる。下図は過去10年のAUDNZDのチャート。赤線の辺りがポジった位置(1.177S)。現在は赤線より上昇してしまって1.2に届こうかというところだ。赤線の位置まで下がってくれないと同値撤退ができない。ナンピンすれば赤線の位置は上がるが今はナンピンする自信がない。
しかし、いくらプラススワップといっても一日20数円は少なすぎ。スプ分回復するのにも1ヶ月かかるし、1年アホールドしたとしてもスワップ1万円にも満たない。今MJで取引してるが多少スプ悪くても外為オンラインにしておけばよかったかといまさらながら後悔。


FX日記 08/4/16(水) AUD/NZDでついに参戦
長らく休養していたトレードを復活。といってもここ最近様々な通貨ペアで遠くに逆張りで指値して待って注文は入れていたのだが、レンジ相場が続いたため引っかからなかったのだ。まず月曜にaud/nzdで1.16後半で推移していたところを1.175S(1枚)で指値したら、一瞬パピコーンと上昇して約定。その後徐々に下がって50pip獲得。50NZドルだから日本円にして3,900円の利確。
そして火曜も再びAUDNZDで参戦。少し上げ調子だったので指値を上げて1.177Sで刺さって今度は上昇して含み損が出ているが、これでいいのだ、シナリオ通り。このまま上昇し続けた場合、そこからが問題。
1.187 1
1.197 2
1.207 4
1.217 8
1.227 16
1.237 32 と追証しながらナンピンして行くのか。
それともナンピン巾を倍などにして余裕を持たせるか、
はたまたずっと放置するか、途中で損切りするか。
ここ10年で最高で1.36くらいまで上がっているが、
最悪1.36まで上がったとしても1枚で放置した場合は、損失は20万円にも満たないのではないか。
一回の損失が自分の手取り月給を超えない程度であれば頑張って働けばすぐに原資を回復できるっていう意味でまだ気楽ではある。
スワップは一日20数円だから長期保有しても1枚じゃほとんど意味ないかもしれないけどね。
でも正直言って1.237までの倍倍ナンピンでも99%以上の確率で勝てると思う。だって底の1.135付近からすでに400pip以上昇しているし。ここ過去2年のデータでは1.09→1.20に急上昇する場面があったがその時でも途中1回暴落があったため6回の1円巾ナンピンで成功しているのだ。

4/16 21:00
AUDNZDだが、なんか中途半端なところで逆張りしてしまって含み損が出ているので
これは失敗と思い、仕方なく同値撤退で1.177で指値したが、全く戻る気配もなく
上がり続ける一方。なんかいやな感じの上がり方が続いている。

FXトレーディングシステムズ(FXTS・FXブロードネット)に口座開設
ここはドル円0.9〜を初めとしたスプも魅力的だが、なんといっても
チキンな私にとって1000通貨単位でトレードができるのが最高。しかも手数料なしなのだ。
これなら無限ナンピンもできる?
これで開設した業者は6社となった。



FX日記 08/4/13(日) 先週もFXトレードなし
指値しまくっていろんなところで逆張りで待っていたのだが一度も引っかからず先週もノーポジ。
今日AMAZONで新しいFXの本「初心者でもできるFXスワップ運用」っていう本が届いたが、
後半の相関係数だがHVだかの説明がよくわからん。しっくりこない。なにもそんなに綿密な数字を出さなくてもフィーリングでトレードすればいいのにって思うんだけどな。でももうちょっとくわしく読んでみよう。

08/4/14時点損失概算   先週比 現在持ちポジ 備考
サイバーエージェントFX ‐796,000
ヒロセ通商 FX2 ‐8,000
kakaku ‐170,000
MJ +5,000
新日本通商
(total) -969,000 -1,700 (FXの本を購入したため
マイナスとして計算)
 
(参考)デモ口座 (+138,000) (+77,000)

ナンピンするならなるべくプラススワップの通貨ペアで
デモ口座ではSナンピンが成功し利確。(100S×1、101S×1、102S×2)しかし102円台が長く続き日に日にマイナススワップが増えて行ったためこれが以外と響いた。ドル円とかスイス円とかって上昇するときはジワジワ上げて長期戦になるケースが多くそうなるとマイナススワップの影響を大きく受けてしまうのだ。1万円をゲットするのに、マイナススワップで数万とられたのでは元も子もない。マイナススワップポジの場合は1週間以上はなるべく持たないようにしたいと思った。
逆に言えばナンピンするならなるべくプラススワップのみにしようと思う。もちろんボラ低い通貨ペア優先だ。それなら例え同値撤退した場合でもスワップポイントの分だけ勝利することができる。
例えば、
EUR/CHF
CHF/JPY
EUR/GBP(S)←後から考えたらこれって右側がGBPだから意外とボラ高いわ。ちょっと手を出しにくいか。
AUD/NZD(S)
USD/JPY
AUD/CADなど

気持ち的には天井付近かもしれないと思われるEUR/GBPに触手が伸びかかっているのだが、
今後ポンド円が180円に向かうかという予測もあるので、そうなるとさらにユーロが上昇しそうなので、まだ踏ん切れないな。
↓↓
ユロポンのチャート

業者によってこんなに違うスワップポイント
今日は新たな発見に気づいた。長期保有の場合スワップポイントも無視できないなと
いうことで業者でどのくらいスワップが違うのか調べてみたら、
どうせ数円の差だろうと思っていたのだが大間違い。
例えば[AUD/NZD]の場合
ヒロセ通商FX2 +7  外為オンライン +50 (プラススワップの場合)
とこんなに違うのだ。
もちろん通貨によってはヒロセの方が有利なものもある。
逆に言えばマイナススワップのポジの場合は、できるだけスワップの少ない業者を選ぶのがベターということになるけど、数円程度の違いなら気にする必要はないかなと思う。


FX日記 08/4/8(火) 先週はトレードは1回のみ

08/4/8時点損失概算   先週比 現在持ちポジション 備考
サイバーエージェントFX ‐794,000 +1,700
ヒロセ通商 FX2 ‐8,000
kakaku ‐170,000
MJ +5,000
新日本通商
(total) -967,000
 
(参考)デモ口座 (+61,000) (-44,000) USDJPY 102.00 S×2 ‐9,036
USDJPY 101.00 S×1 ‐14,518
USDJPY 100.57 S×1 ‐18,818
USDJPY 100.00 S×1 ‐24,590
4/8 21:38
USDJPY 102.39

またポカやった
先週はトレード一回のみ。4/1にドル円で100円台中盤で推移してて夜中の3時に目が覚めてチャート見たらパピコーンと勃起上げしていたので衝動的に1枚S(101.86)。んで例によってまた上げ出して7、8pipくらい上げたところでポジション状況見たら含み損が数百円のはずが「‐4,700円」になっているではないか。平均約定価格もなぜか101.67になっている。どうやらいつの間に指値で101.50でSしていたのが引っかかっていたようだorz。また、バカやったよ。せっかくSナンピンの理想的なトレードを目指していたのに台無し。そこからもどんどん上げて102円台に乗せ含み損が膨らんでいった。翌朝家出た直後に携帯見たら奇跡的に一瞬だけ101.50-60円位まで暴落したときがありチャンスとばかり決済!約1,700円の利益を獲得!その後再び102円に向けて上昇していったからほんとラッキーだった。結果オーライだったものの、その指値ってのは基本的には当日で期限切れにしておくべきだとつくづく感じた。前にも同じミスを犯しているのにその反省が生かされていない。


coracoraのFX日記 2008/4


 FXページトップ  coracoraHOME